メールマガジン

ホーム > メールマガジン > 二代目社長の掟!-今日の教訓-

二代目社長の掟!-今日の教訓-

二代目社長として16年経営に携わってきた二条彪が、後継者特有の悩み・問題について、毎日1つの教訓を示しながらわかりやすく解決していきます。
先代と比較されたり、親族問題が起きたり、社員が指示を聞いてくれなかったり、後継者は人には言えないつらさもあるものです。
同じ体験をしてきた二条彪は、そんな後継者の気持ちがよくわかります。そんな二条彪ならではの話が毎日読めます。
現在1万名以上の後継社長・後継予定者が購読しています。
後継者の方はもちろん、創業者や先代社長、経営幹部の方も毎日大きな気づきが得られること間違いなしです!
購読は無料でどなたでも購読お申し込みできますから、ぜひお気軽にお申し込みください!!

メルマガ創刊にあたって

今や2,000号を超えるご長寿メルマガも、思えば創刊の時代がありました。その当時に、二条彪が思っていた“胸の内”をこっそり明かします。

2003年11月のことです。はっきり言って、かなり悩みました。

毎日書き続けることができるだろうか。
年間210日以上の講演・セミナーをこなして、果たして続けられるのか?

しかし、僕は決意しました。

二代目・後継者の方々を真にサポートしたいという原点に戻ることにしました。
いや、その原点をいつも忘れないために毎日発行という決意をした、と言った方が適切かもしれません。

心のどこかで慢心があったと思います。

楽して収入を得られれば。そんな驕りもあったように思います。
皆さんに支えられ、お蔭様で休む間もなく仕事をいただけるようになりました。
思えば2001年、この青山の事務所で開業した時、仕事もなく不安な毎日を送っていました。
「やっぱり、倒産した社長に世間は冷たいのか。。。。」
あきらめる自分と希望を持つ自分との闘いの日々でもありました。

それから、口づて、紹介、と様々なご縁をいただき、独立してわずか2年で以前社長の時よりも多くの収入を得るところまでになりました。 本も書きました。いやだなと思う仕事も誠実にこなしました。ぜいたく言わずになんでもやってきました。

とにかく自分なりに精一杯やってきました。

「自分なりに努力してきたから、ここまで這い上がれたんだ!」
気づくと驕り・慢心・過信が僕の心の中に宿っていました。

23歳で亡き父の跡を継いで、苦労してきたあのことそのこと、 いろいろな失敗を、これからの二代目・後継者に方々には、決してして欲しくない。 多額の授業料を払って16年の社長生活で得たものを、これからの人たちに還元したい。 そんな思いで、社長の座を捨て経営コンサルタントになったのでした。

創業の原点を忘れ、豊かになったのは自分の努力と勘違いをしていました。

そんなうぬぼれが強くすぐに自信過剰になってしまう自分自身を律し、真に二代目・後継者の方々を支援していきたい。

この想いを実現するために、

「二代目社長の掟!- 今日の教訓 - 」を毎日発行することを決意しました。


どうか、このメールマガジンをご購読いただき、僕のように弱い二代目社長ではなく、強い二代目・後継者になっていただければと思います。


株式会社国際後継者フォーラム
代表取締役
二条 彪